みどりトータルヘルス研究所
  
こども行動療育教室
カウンセリングルームこども行動療育教室職場のメンタルヘルス
ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
淀屋橋ホワイトビル5F
はじめに 行動療育とは 講師派遣 スーパーバイズ 関連機関の
コンサルタント
スタッフ






 行動的支援勉強ノート
 トップページへ


 はじめに

 こどもの療育で大切なこと

 行動療育で行うこと

 行動療育教室の目標

 日々の生活や集団の中で
 学習するために必要な力


 こどもとの関係づくり

 療育時間と標的スキル

 課題内容を決めるポイント

 教え方を考えるポイント

 課題の量と難易度を工夫する

 成功体験につなげる工夫 

 DTT? PRT?

 学習態勢を形成する1

 学習態勢を形成する2

 学習態勢を形成する3

 学習態勢を形成する4

 学習態勢を形成する5

 学習態勢を形成する6

 学習態勢の指標

 認知スキルを伸ばす

 認知スキル常に意識する

 弁別学習1

 弁別学習2

 正確性と流暢性

 注意と記憶の訓練1

 注意と記憶の訓練2

 注意記憶と観察学習

 取ってくる,もらってくる,
 報告する課題


 距離を離して難易度を高める

 ふり遊び,見立て遊び,
 ごっこ遊び1


 ふり遊び,見立て遊び,
 ごっこ遊び2


 失敗や負けることを経験する

 こだわりを弱める

 反応クラスと分化強化

 療育場面の構造化を緩める

 こどもの成長に注目する

 変化や成長を保護者に伝える

 がんばる力をつける 1

 がんばる力をつける 2

 異なる療育機関の併用

 家庭療育の難しさ1

 家庭療育の難しさ2


 <参考図書,おすすめ図書>


 みどりトータルヘルス研究所
 トップページへ




 行動療育に関する情報

 
がんばる力をつける 2 

  こどもががんばる力をつける2つ目のポイントは,『勝ち負け』や『上手くできたかどうか』は大切だけども,それと同じくらい,またそれ以上に『がんばること』が大切だと強調していくことです。

  少しこどもが色々な事を理解できるようになってくると,失敗したくない,負けたくない,という気持ちが出てきます。失敗したり負けたときに崩れたり,「○○したくない」と少し難しそうな場面をあらかじめ避けようとすることがあります。

  そのため,療育場面や日常生活場面,集団活動場面で常日頃から「頑張ることが大切」,「失敗してもがんばったことは偉い」,「チャレンジしたこと,挑戦したことが大事」,「負けちゃってもがんばってたからお母さんは嬉しい」などと,『がんばること,チャレンジすること』が大切なことであると強調して声をかけ,失敗しても頑張っている姿が受け入れられる雰囲気を作っていきます。課題や活動が上手くできなくても,少しでも頑張っている部分が見られたら,その点を積極的に褒めてあげます(試みを強化する)。

  そうすると何か上手くできなくても,ただの失敗体験とはならず,がんばったことを前向きに受け入れられるようになります。

  療育や日常生活を通して様々な力がついきても,失敗する場面や負ける場面には今後必ず直面します。その時に崩れてしまわないように,少々難しいことがあってもがんばることが大切,がんばったら乗り切れることがある,1人の力でがんばっても解決できなければ誰かが手助けしてくれる,ということを理解してがんばる力をつけておくことは大切です。

  苦手な場面を避けてしまうと学習の機会が奪われてしまいます。また,高校,大学,専門学校,職場では,人間関係や活動内容で上手くいかないことがあっても,がんばって通い続けて問題を解決する力がなければ,社会適応が難しくなってしまいます。

  そのため,小さい時から「失敗しても頑張ることが大事」,「失敗したけどがんばったからOK,次上手くできる方法を考えよう」と繰り返し声をかけ,頑張る力をつけていきましょう。


copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.