みどりトータルヘルス研究所
  
こども行動療育教室
カウンセリングルームこども行動療育教室職場のメンタルヘルス
ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
淀屋橋ホワイトビル5F
はじめに 行動療育とは 講師派遣 スーパーバイズ 関連機関の
コンサルタント
スタッフ





 行動的支援勉強ノート
 トップページへ


 勉強ノート2 はじめに

 行動は変わるということ

 
障害特性と教育について

 叱責することのデメリット

 
教育的支援の基本

 行動の見方と教育的支援

 注意力・集中力の問題

 習い事について

 物理的な環境調整や
 スケジュールについて


 刺激や活動を制限すること
 について


 何が誰にとって問題行動
 なのか?


 集団適応を阻害しやすい
 問題行動


 相手によって行動が変わる
 ことは悪いこと?


 進学,学校選びについて

 専門家の「少し様子を見ま
 しょう」というコメント


 専門家の「愛情不足」という
 コメント


 恐怖感や過敏な反応への対応

 自己刺激行動や過敏な
 反応について:疲れやスト
 レスとの関係


 切り替えの弱さへの支援

 渋々でも納得する力

 思いやりや人に親切にする
 行動について


 子育ての正解,不正解

 障害の受容について

 行動理論を理解してもらう

 行動的支援勉強ノートとABA
 にもとづいた支援について



<参考図書,おすすめ図書>


 みどりトータルヘルス研究所
 カウンセリングルーム

       

 行動的支援勉強ノート2 

 教育的支援の基本


  『行動的支援勉強ノート』では、『行動レパートリーの拡大』と『こどもとの日々のかかわり方』が大切であることを説明してきました。 行動療育や発達支援は、『個人の行動レパートリーの獲得と拡大』『行動レパートリーが安定して出現するための環境の整備』のいずれか、または、双方からなされると考えられています(山本, 2009)。  

  例えば、行動レパートリーとして「おかし」(お菓子ちょうだい、という意味)という要求言語を獲得していたとしても、家庭生活でこどもがお菓子を置いている所を指差しすることでお菓子を取ってあげていたら、「おかし」と言う必要がないため自然と言葉で要求することがなくなってしまいます。また、SST(ソーシャルスキルトレーニング)で適切な挨拶ができるようになったとしても、家庭生活や学校生活で挨拶する機会が少なく、挨拶してもあまり周りからの反応が得られなかったら、挨拶するという行動は現れ難くなったり、消失したりしてしまいます。  

  つまり、こどもが新しく獲得した行動や,すでに獲得している適切な行動を維持し、日常生活で自然と使っていくためには、その行動を使う機会を作ってあげ、適切な行動が見られたらポジティブな反応をすぐに返してあげる必要があるということです。
適切に行動する機会を作り(先行条件:A),上手く行動して強化される結果を工夫する(結果:C)ことが環境の整備(環境調整)になります。  

  上の例で言えば、こどもが指差しで要求してきてもしばらく反応せず、言葉で要求してくるまで待ちます。言葉での要求が自然と出なければ、少しヒントを出し(「おかし」と言うことばを出させる場合は「お」、「おか」などヒントを出して言わせるなど)、言葉で要求ができればすぐにお菓子を出してあげて精一杯褒めてあげると、言葉で要求する機会を増やしてあげることができます。
  SSTによって挨拶するという行動を獲得したら、朝起きたとき、学校や園に行くとき、帰ってきたとき、ご飯を食べるとき、夜寝るときに挨拶する機会を確実に作ります。まずはこちらが挨拶をして返させるところからはじめ、徐々にこどもからも挨拶が自発するように工夫します。親族やお友達が近くにいるならば協力してもらい、道ですれ違ったり、家に来てもらったりして、挨拶する機会を増やすのも良いでしょう。

  新しいスキルを指導した場合は、自分たちの対応を含めた『環境の整備(環境調整)』を行い、学習した行動レパートリーを出現させ、ポジティブな結果が得られる機会を十分に設けてあげます。そうすると、行動レパートリーが定着し、特に環境を整えなくても自然と行動が自発するようになっていくでしょう。

  獲得した行動レパートリーは色々な場面で使えるようにならなければいけないので、可能であれば、学校や園と協力し、行動レパートリーを使う機会を作ってもらうと良いです。「今こういうことを勉強していて、こういうことができるようになったので(または、できるようにしたいので)、こういう場面ではこのように対応して下さい。」と先生方と情報を共有します。こどもが学校でも新しく獲得した行動や家庭でお勉強している行動を使い、上手くできたり褒めてもらえるなどのポジティブな結果が得られれば、行動が定着する大きな助けとなります。

  このように、
様々な経験を通して行われる行動レパートリーの拡大と、望ましい行動が起こりやすい環境作りが教育的支援の基本となります。物理的な環境や対応の仕方を整え、こどもが適切な行動を行う機会を増やし、適切に対応してあげることで、こどもの望ましい行動は増えていき、定着していく可能性が高くなるということです。


参考文献
山本淳一. 2009. エビデンスにもとづいた発達障害支援: 応用行動分析学の貢献. 行動分析学研究, 23, 46-70.
応用行動分析学入門(参考図書参照)


copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.