みどりトータルヘルス研究所
  
こども行動療育教室
カウンセリングルームこども行動療育教室職場のメンタルヘルス
ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
淀屋橋ホワイトビル5F
はじめに 行動療育とは 講師派遣 スーパーバイズ 関連機関の
コンサルタント
スタッフ





  行動的支援勉強ノート Top

 応用行動分析学を勉強しよう

 応用行動分析学(ABA)
 とは?


 応用行動分析学(ABA)を
 学ぶメリット


 三項随伴性と
 機能的アセスメント


  強化,弱化(罰)

 強化子を見つける大切
 さとプレマックの原理


  「褒める」ということ

 うまく行動を強化する
 ためには


 トークンエコノミーと
 レスポンスコスト


 プロンプト・フェイディング

 プロンプトを用いる
 基本的な支援方法


 行動の習慣化と自発

 消去と消去バースト 1

 消去と消去バースト 2

 「泣く」ということ 1

 「泣く」ということ 2

 消去を行う時に
 大切なこと1


 消去を行う時に
 大切なこと2


 分化強化 1 

 分化強化 2 


 <参考図書,おすすめ図書>


 みどりトータルヘルス研究所
 カウンセリングルーム


       
 応用行動分析学勉強ノート

 三項随伴性と機能的アセスメント


  
応用行動分析学(ABA)が対象とするのは行動です。心理学は心の科学であり,目に見えない心を扱うため,心の働きを反映する観察可能で測定可能な行動を対象とする分野が生まれました(『心理学の基礎』参照)。しばしば応用行動分析学は冷たいとか人を動物のように扱うといった誤解を受けますが,これはいわゆる“こころ”ではなく“行動”を対象としていることが原因の1つではないでしょうか。

  応用行動分析学(ABA)は学習理論のオペラント条件づけを基礎としており,行動をどういう枠組みで捉えるのかということが重要になります。『3-2. 行動の見方』で解説しましたが,オペラント条件づけでは図で示すように行動単独ではなく,前後関係を含めて行動を捉えます(オペラント条件づけでは,『弁別刺激-反応-強化子』)。

  行動を理解し,行動を修正および形成するため,行動の形態(噛む,叩く,叫ぶ,ごみをポイ捨てするなど)や頻度や持続時間だけではなく,環境との相互作用から行動の機能(目的,働き)に注目します。行動の前後関係から行動の機能を推測する手続きを
機能的アセスメント(functional assessment)と言います。行動だけに注目していると行動の機能を知ることはできません。

  
先行条件(A:どういった状況で)-行動(B:どのような行動が起こり)ー結果(C:どのような結果が伴ったか,どのように環境が変化したか),という3つの枠組みで行動を捉えることを三項随伴性(さんこうずいはんせい),または,行動随伴性,強化随伴性と言います。応用行動分析学で三項随伴性で行動を整理することをしばしばABC分析と言います。ABCとは,”antecedents-behavior-consequences”の頭文字をとっています。


    A - B - C
           先行条件    行動     結果


  応用行動分析学では三項随伴性の枠組みを用いてあらゆる行動を捉えます。問題行動を改善するための計画を立てるときは,三項随伴性の枠組みで問題行動(B)の先行条件(A)と結果(C)についての情報を集め,問題行動の機能を推測し,介入計画を立てます。発達障害のある人が示す理解しがたいような問題行動も,機能的アセスメントによって前後の状況が理解できれば,意外と単純な理由で起こっていることに気付くことが多くあります(3-4. 代表的な行動の機能と行動が形成されるメカニズム)。

  『3-3. 行動の原因を環境に求めることのメリット』で解説しましたが,ABCの三項随伴性の枠組みで行動を捉え,行動の原因を環境に求めることの大きなメリットは,環境は観察可能で操作可能であるということです(目に見えるし変えることができる)。適切な行動が起こりやすいように環境を整えたり,周囲の人たちの対応を変えるといった具体的な対応につながります。また,問題行動と同じ機能を持った,より社会で受け入れられやすい行動を指導するというような建設的な計画を立てることができます。

  行動だけに注目していると行動の原因をこどもに求め,「なぜできるのにしないんだ!」,「やる気がないだけだ!」といったこどもを叱責するような対応になることがあります。

  また,個別療育や学習の基本も三項随伴性の枠組みで考えます。つまり,『(A)課題が提示される-(B)正しく課題を行う-(C)褒められる』や『(A)ある状況で-(B)適切な行動をする-(C)「ありがとう」と言われる』という枠組みが基本となります。結果(C)は本人が嬉しいことになります。この枠組みを繰り返し経験することによって,学習態勢や適切な行動が形成されていきます。

  
応用行動分析学(ABA)で大切なことは,このABCの三項随伴性の枠組みで行動を捉え,行動の機能に注目することです。そのため,応用行動分析学に基づいた療育や子育てを行うには,こどもが示すあらゆる行動を自然とこの枠組みで捉えられるようになる必要があります。つまり,ある行動をこどもが示した時,どういった状況でその行動を示したのか,そして,その行動を示すことによってどのような結果が伴ったのかという見方ができれば,その行動を示した理由(行動の機能)を推測し,前向きな計画を立てることができます。



copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.