みどりトータルヘルス研究所
  
こども行動療育教室
カウンセリングルームこども行動療育教室職場のメンタルヘルス
ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
淀屋橋ホワイトビル5F
はじめに 行動療育とは 講師派遣 スーパーバイズ 関連機関の
コンサルタント
スタッフ





  行動的支援勉強ノート Top

 応用行動分析学を勉強しよう

 応用行動分析学(ABA)
 とは?


 応用行動分析学(ABA)を
 学ぶメリット


 三項随伴性と
 機能的アセスメント


  強化,弱化(罰)

 強化子を見つける大切
 さとプレマックの原理


  「褒める」ということ

 うまく行動を強化する
 ためには


 トークンエコノミーと
 レスポンスコスト


 プロンプト・フェイディング

 プロンプトを用いる
 基本的な支援方法


 行動の習慣化と自発

 消去と消去バースト 1

 消去と消去バースト 2

 「泣く」ということ 1

 「泣く」ということ 2

 消去を行う時に
 大切なこと1


 消去を行う時に
 大切なこと2


 分化強化 1 

 分化強化 2 


 <参考図書,おすすめ図書>


 みどりトータルヘルス研究所
 カウンセリングルーム


       
 応用行動分析学勉強ノート

 
コラム プロンプトを用いて正しい行動を強化する基本的な方法

  療育場面や学校場面,日常生活で正しい行動を学習させるためには,まず十分なプロンプトを用いて,正しい行動を行わせることが大切です。
無誤学習(エラーレスラーニング)といって,失敗させず成功体験を積み重ねる指導を行うことによって,動機づけを高めることができます。

  誤った行動を行わせてしまうと,誤った行動を強化してしまう可能性があるため,十分なプロンプトによって失敗をさせないということが大切です。『無くしたい行動は起こさせない』ということが基本です。また失敗経験が多くなると,動機づけは低くなってしまいます。

  様々な行動を教える際の基本的な方法は,『
こどもがミスをせずに正しい行動ができる程度の十分なプロンプトを与え,正しい行動を行わせて,正しい行動を強化する』ということです。ABCの三項随伴性で考えると,『(A)指示+十分なプロンプト,(B)(必要なプロンプトが与えられ)正しい行動を行う,(C)正しい行動が強化される』という随伴性を繰り返し経験させます。正しい行動を頻繁に行わせて,十分に褒めてあげ,楽しい雰囲気で成功体験を積ませてあげてください。増やしたい行動をより多く経験させるという事が大切です。失敗してもめげずに頑張って取り組むスキルは,次のステップになります。

  『挨拶をする』行動を例として説明します。園について先生に「おはようございます」と挨拶をする,お父さんが帰ってきたら「おかえり」と言う,などを教えているとします。こどもが少し言えるようになってきたからと言って,「何ていうの?」とこどもに考えさせて言わせるのはまだ早いです。時間遅延法を用いて反応を待つのも同様です。まだこどもはがんばって考えないと正しい挨拶が出てこないかもしれないし,誤ることも多いかもしれません。誤った挨拶をしてしまうと,がんばって考えたことが強化されず挨拶をするのが嫌になったり,間違った挨拶を誤学習してしまう可能性があります。

  まずは十分なプロンプトによって正しい挨拶を行い,強化される機会を増やします。「先生に何て言うの?」ではなく,「先生におはようございますって言って」と言ったり,「おはようございます」と言って摸倣させるなど。正しい挨拶をすると挨拶が返ってくることで強化される機会が多くなります。当面は,このようなプロンプトを十分に行い,正しい挨拶をさせていきます。そして次のステップとして,プロンプトをフェイディングし,自発できるようにしていきます。「先生に挨拶して」,「先生いるよ」など。

  他の行動を教える場合も同様です。こどもが少しできるようになったからといって自発させようとがんばらせ過ぎると,嫌悪感を抱かせてしまったりして失敗してしまうことがあります。まずは十分なプロンプトを用いて正しい行動だけを無理なく行わせて,強化される経験を積ませます。そして,プロンプト・フェイディングとして,徐々に侵襲度の低いプロンプト(指さしや軽く手を添えるなど)に移行し,プロンプトの頻度を少なくしていきます。最終的には,自然な社会的手がかり刺激や声かけによって,正しい行動を行うことができるようにしていきます。


copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.