みどりトータルヘルス研究所
  
こども行動療育教室
カウンセリングルームこども行動療育教室職場のメンタルヘルス
ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
淀屋橋ホワイトビル5F
はじめに 行動療育とは 講師派遣 スーパーバイズ 関連機関の
コンサルタント
スタッフ






 行動的支援勉強ノート
 トップページへ


 はじめに

 こどもの療育で大切なこと

 行動療育で行うこと

 行動療育教室の目標

 日々の生活や集団の中で
 学習するために必要な力


 こどもとの関係づくり

 療育時間と標的スキル

 課題内容を決めるポイント

 教え方を考えるポイント

 課題の量と難易度を工夫する

 成功体験につなげる工夫 

 DTT? PRT?

 学習態勢を形成する1

 学習態勢を形成する2

 学習態勢を形成する3

 学習態勢を形成する4

 学習態勢を形成する5

 学習態勢を形成する6

 学習態勢の指標

 認知スキルを伸ばす

 認知スキル常に意識する

 弁別学習1

 弁別学習2

 正確性と流暢性

 注意と記憶の訓練1

 注意と記憶の訓練2

 注意記憶と観察学習

 取ってくる,もらってくる,
 報告する課題


 距離を離して難易度を高める

 ふり遊び,見立て遊び,
 ごっこ遊び1


 ふり遊び,見立て遊び,
 ごっこ遊び2


 失敗や負けることを経験する

 こだわりを弱める

 反応クラスと分化強化

 療育場面の構造化を緩める

 こどもの成長に注目する

 変化や成長を保護者に伝える

 がんばる力をつける 1

 がんばる力をつける 2

 異なる療育機関の併用

 家庭療育の難しさ1

 家庭療育の難しさ2


 <参考図書,おすすめ図書>


 みどりトータルヘルス研究所
 トップページへ




 行動療育に関する情報

 
こだわりを弱める

  行動療育では様々なスキルの獲得と向上を目指しますが、もう1つ大切なことは『こだわり』を弱め、無くしていくことです。できることが増え,理解が伸びてくると弱くなるこだわりが多いので,できることを増やすという教育的支援を中心とすることを前提とし,こだわりを弱める対応も考えていきます。

  こだわりは変化の多い日常生活や集団生活において大きな支障となります。少しの変化で崩れていては、周りに合わせて行動することができません。「変化のない環境を作り、落ち着いて生活できるようにしましょう」、とアドバイスされることがありますが、それではいつまでたっても変化に対応する力が付きません(柔軟性、変化への耐性を養う切り替えの弱さへの支援、参照)。

  発達障害のあるこどもは、課題中に様々なことにこだわることがあります。課題の順番や刺激を置く位置、周りにあるものや質問のされ方、答え方、など。こだわりが強いとそれらが少しいつもと違うと機嫌が悪くなったり怒ったりすることがあります。

  行動や活動のレパートリーが増えてくるとこだわりは減少します。そのため長い目で見て『
できることを増やす』といことがこだわりへの対応を考える時にも最も大切なことになります。『できることを増やす』という教育的な取り組みを中心としながら,療育や日常生活で『こどもが混乱しすぎない程度にこだわりを崩していく』ことになります。

  混乱しすぎない程度に、という点は少し工夫が必要です。いきなり、全てのこだわりを崩そうとして、いつもと全然違う様に療育をすすめると、こどもは混乱しすぎて療育が進まなくなります。最初は、こどもが変化を気にしても「先生が決めます」、「別に良いです」などと言うことで、渋々でも納得して課題が進められる程度から崩していくと良いです。少し慣れてきたら、こどもが少し崩れてもすぐに立ち直って課題に取り組める程度はがんばってもらっても良いと思います。こどもが何時間も泣き続ける程がんばらせると時間がもったいないです。

  例えば、課題の順序にこだわるこどもならば課題の順番をいつもと少し変える、正答したら○をつけてもらうことにこだわるこどもなら☆マークにする、失敗することを過度に嫌がるこどもならば、たまに「ぶー」と言って×をつける、など、少しずつこだわりを崩していきます。

  最初は変化に抵抗を示すこどもでも、変化しても我慢して課題を行うことを褒めてもらう、という経験を積むことで、少々の変化は気にならなくなってきます。そして、徐々に変化を大きくしていき、課題の実施者に合わせる、つまり、環境に合わせる力を養っていきます。

  こどもがどの程度なら我慢して切り替えることができるかを注意深く観察し、無理をしすぎない程度にこだわりは崩していきましょう。



copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.