みどりトータルヘルス研究所
  
こども行動療育教室
カウンセリングルームこども行動療育教室職場のメンタルヘルス
ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
淀屋橋ホワイトビル5F
はじめに 行動療育とは 講師派遣 スーパーバイズ 関連機関の
コンサルタント
スタッフ





行動的支援勉強ノート
トップページへ



行動科学を勉強しよう

基本となる考え方,
将来に向けての目標


行動レパートリーと活動レパートリーを増やす

活動レパートリーを増やす
メリット


どのように活動レパートリーを増やしていくか

行動レパートリーと問題行動
の関係


物を落としたり
倒したりする行動


行動の理解と対応

行動の見方:三項随伴性

行動の原因を環境に求めることのメリット1

行動の原因を環境に求めることのメリット2

代表的な問題行動の機能と形成されるメカニズム

なぜ発達障害のある人に問題行動が見られやすいのか?

問題行動が強まるメカニズム

日常生活で問題行動を
強めないために


環境の変化と消去

問題行動が長期間維持される
メカニズム


こだわり,自己刺激行動への
対応について


こだわりと遊びの境目

適切な行動レパートリーを
増やす


教育的な視点を持った
問題行動への対応


教育的で前向きな支援

問題行動への対応を考える
ステップ


問題行動への対応の工夫

行動の理解と対応 まとめ

日々の関わりで大切なこと将来を見据えて大切なこと

指示の出し方,制止の仕方

家庭での療育活動のポイント

柔軟性,変化への耐性を養う

食事に関する行動

自身の行動もこどもの行動に影響を受けている

褒めてこどもを育てよう!


<参考図書,おすすめ図書>


みどりトータルヘルス研究所
カウンセリングルーム

       

       
 行動的支援勉強ノート

 適切な行動レパートリーを増やす


  前節までは問題行動を中心として行動が強まるメカニズムや対応の仕方を解説してきました。問題行動であっても適切な行動であっても,その行動の捉え方,行動が獲得され維持されるメカニズムは同じです。問題行動よりも社会的に適切な行動を行う方が簡単に要求が通る環境であれば,適切な行動が増加し維持されます。つまり,問題行動に代わる適切な行動を獲得し,無理なく行うことができて,適切な行動の方が要求が通りやすい環境であれば問題行動は無くなっていきます(代替行動分化強化)。本節では,適切な行動を増やすためのポイントを2つに分けて解説していきます。

  まず,全く未獲得の行動を教える場合は段階的な指導を行う必要があります。例えば,自転車に乗るというスキルであれば,いきなり自転車にまたがらせ,「進みなさい」と言ってもこどもに恐怖心を抱かせてしまうだけです。一般的に,まずは補助輪の付いた自転車に乗り,慣れてきたら補助輪を片方はずして乗り,次に両方の補助輪をはずし,倒れないように支えてもらって進む練習を行うと思います。そして,1m,2mと徐々に距離を伸ばして,支えをはずして進む練習を行うでしょう。このように,新しいスキルや行動を教えるときは,最終的に獲得してほしい行動に向けて少し頑張れば獲得できる行動から段階的にスモールステップで指導していきます。できないことを練習することはこどもにとってはストレスがかかります。また途中で失敗すると(自転車の練習であれば転倒すると),やる気もなくなってしまいます。段階的な指導を行い,できるだけ失敗せずに成功体験を多く積ませることで,こどもは抵抗なく課題に取り組むことができ,最終的に複雑な行動を獲得することも可能となります。

  次に,すでに獲得している適切な行動をこどもがあまり自発的に行わない場合は,その行動が起こりやすいように環境を整えたり,十分な手助けを行います。こどもが適切な行動を行い,その行動で要求が通ったり強化されたりする機会を増やします。頻繁に適切な行動が強化されることによって,明確な強化子が無くてもその行動は行われるようになり,習慣化します。『プロンプトを用いた正しい行動を学習させる基本的な方法』参照。

  例えば,屋外を歩いているときに電柱やマンホールが気になって中々進めなかったり,逆走したり,急に走り出してしまう場合は,問題行動を無くすという視点よりも,正しく歩く行動を増やすという視点が大切です。正しく歩く行動が増えれば,逆走するというような問題行動は減少します。

  まずは後ろから腰を押してあげたり,ズボンを掴むなどの強めのプロンプト(援助)を行い適切な速度で歩く経験を積ませます。そのような援助でスムーズに歩けるようになれば,次は援助を弱め,こどもの後ろを歩いて逆走したり走りだしたりしそうな時に「歩きます」と言って軽く腰を押してあげます。そして次の段階では,こどもが走りだしそうな時は「歩きます」という口頭指示だけでスムーズに歩けるようになっているでしょう(「プロンプト・フェイディング」参照)。
 
  挨拶をするという行動を例に挙げると,すでに「おはよう」,「いただきます」と言う行動を獲得していれば,朝起きてこどもと会った時は必ず「おはよう」と言ってこどもに挨拶を返させます。すぐに挨拶を返すことができなければ「おは」などとヒントを出してあげ,「おはよう」と返させます。次の段階では,こどもと会ったら10秒間こどもが「おはよう」と言うのを待ちます。その間にこどもが挨拶をすれば挨拶を返してしっかり褒めてあげ,こどもが言わなければこちらから挨拶をして挨拶を返させます。

  このように適切な行動が起こるように環境設定や働きかけを行い,適切な行動をスモールステップで経験させて強化し,徐々に手掛かりを弱くして自然な環境に近づけていくと適切な行動の自発につながっていきます。


copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.